2009年01月20日

悲惨な戦い。行司が飛んだ。4

朝青龍が、連日話題の相撲界ですが、昨日の、北勝力−土佐ノ海の一番で、土俵から行司が、宙に飛んだ場面、驚きましたねえ。

なぎら健一の、「悲惨な戦い」 という歌が、頭の中をよぎりました。

あれだけ派手に飛べば、痛そうな顔とか、照れ笑いとかしそうなもんですが、

〜♪〜さすが〜木村和一郎、

ワニのように、全く表情を変えず、何事も無かったように、次の取り組みをこなしていました。

〜♪〜さすが〜天下のNHK、

ビデオの再生、スローでの再生で、何度も飛んでいく場面を見せてくれました。

〜♪〜見〜なくて良い人まで、見てしまったのでした。

ニュースを見たら、軍配で眉間を打って、負傷したと書いてありました。

〜♪〜股間を軍配で〜、殴りつけなくて良かった。

 〜♪〜わたしは〜かつてえ〜あのような、

〜♪〜悲惨な戦いを見た、事がない〜。♪

若い人は、この歌を知ってるかなあ?反戦歌じゃあないよ。

中毒〜ベストアルバム
中毒〜ベストアルバム


yoo2ok at 14:31│Comments(0)TrackBack(0)oh〜相撲 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別