2011年06月17日

知的余生の方法4

知的生活まだ読んでませんが、渡部昇一さんの「知的余生の方法」「知的生活の方法」音楽編を買いました。

55歳になってこれからの生活を考えるきっかけになるかも。

会社勤めをしていたときの先輩や、学校の恩師も定年になって、どんな生活をしているのか聞いてみたい気もします。

あんず国語の先生は津軽弁、山形弁、新潟弁を駆使するバイリンガルでしたが、

「教養のための勉強は学校でこそ出来る。今のうちに、この100冊を読みなさい。」

と本のリストを作ってくれました。

もうリストを紛失しているので、全て読めているかどうかわかりません。

この先生の授業は1学期が「夏目漱石」の研究、2学期は「良寛」の研究、3学期は越後七不思議、「北越雪譜」で、

一年間一度も国語の教科書を開いた事がありませんでした。

定年後も知的余生をきっと送られている事と思います。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別