2011年07月11日

佐渡フォーラムのお知らせ4

佐渡フォーラム「ものづくり研究所」の代表をやっている同級生から連絡が来ました。

前回参加したときに、佐渡観光協会の主催で、二泊三日15000円で佐渡を旅行するモニターツアーがあったのですが、出かける日の前日地震になってしまいました。

朱鷺の放鳥が見られるなど、とても楽しみにしていたのですが残念でした。

今回も何か企画があるかもしれません。

興味のある方は、直接申し込みをしてご参加ください。

交流会でも新潟の酒、料理、がたくさん出ますよ。


----今年度最初の佐渡朱鷺大学をお知らせします。----

自然界での「2世」誕生期待される朱鷺ですが,今季も7組が産卵したものの残念ながら夢は叶いませんでした。そんな中、嬉しい話題がありました。

石川・能登半島と新潟・佐渡市が、伝統的な農業や生物多様性をもつ地域を守るため、国連の機関が認定している「世界農業遺産」に登録されたのです。

能登半島は伝統的な棚田が、佐渡市は「トキと共に生きるための農薬を減らした業」が認定となっています。この制度は地域環境を生かした伝統的な農法や、環境に配慮し、生物多様性が守られる地域社会の取り組みなどを後世に残すために制度化されて
いるもので、この認定が、低迷する佐渡の経済に大きな追い風となって欲しいものです。

今回は第一部に環境の専門家であるIUCNの古田氏に「世界の環境戦略と佐渡の環境について」のご講演。第二部では佐渡能の実況生解説をされている能楽評論家の児玉先生に佐渡能の魅力を語っていただきます。環境と伝統芸能の佐渡島をご紹介します。ぜひご参加ください。


●佐渡朱鷺大学 第4回公開講座●

今回のテーマ「朱鷺と能の島 佐渡の魅力」


開催日時 2011年7月29日(金曜日)

場所表参道ネスパス新潟 3F会議室

東京都渋谷区神宮前4-11-7 03-5771-7711(代)

資料代等500円


プログラム

○第一部 佐渡朱鷺大学 講演会 18時30分〜19時10分 (18:00開場)
<講師>古田尚也氏 IUCN(国際自然保護連合)プロジェクトオフィサー
    テーマ「 世界の環境戦略と佐渡の環境−これからの環境戦略を考える」


○第二部 佐渡朱鷺大学 講演会 19時15分〜19時55分
テーマ「世阿弥配流の佐渡能の魅力」
<講師>児玉信氏 石川県立音楽堂プロデューサー 日本大学芸術学部演劇学科講師


○第三部 新潟県からのお知らせ 20時00分〜20:20分
  ・新潟県朱鷺野生復帰支援事業 (新潟県:遠藤氏)

  ・佐渡市 (越前氏)
  ・佐渡観光協会 (加藤氏)

※プログラムは都合により変更になる場合があります。


○交流会 20時30分〜22時00分
     会場: 食楽園( 地下1階) 会費制3,000円 
 
主催:NPO法人さど
共催:新潟県 トキ野生復帰支援事業

お申し込みはメールで出席をお知らせください。
もしくは添付のパンフ下段の記入欄をFAXにて 蠅發里鼎り研究所 03−5464−8309 北條迄

以上ご案内申し上げます。

******* 『にっぽんを残そう』プロジェクト  *******

株式会社 ものづくり研究所

代表取締役  北條 規 


〒150-0002
 東京都渋谷区渋谷1-16-9 渋谷KIビル8F

電話:03-5464-8315
 FAX :03-5464-8309

 携帯:090-1664-6446 

 メール : hojo@monoken.jp

     ●ありがとうございます●
 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別