ドイツ語

2012年09月28日

クマママのヨーロッパ24

建物の写真などもあるのですが、

「ヨーロッパの建物なんてどれみても一緒だよ。」

などということで、すぐにカフェに入ります。

ウイーン7ウイーンカフェ






ケーキも目の前で作ってる。

バラケーキケーキ屋







外の景色はこんなです。

ウイーン8ウイーン9






カフェなのにカツレツまで食べてる。

カツレツウイーンカフェ3







ウイーンのタクシーは犬マーク?

糞の始末をしろというトラックが走る。

ウイーン犬ウイーン犬2







次の日の朝、よく見ると建物の2Fで手を振ってます。

銀粉のパフォーマーもいます。

ウイーン10ウイーン芸






これが朝食、すでにワインを飲んでいます。

ウイーン料理6ウイーン料理7






街の景色はポスターに出てくるような美しさ。

ここで昼食になります。当然飲んでますね。

ウイーン11ウイーン13






続く。

八百屋ウイーン料理8

yoo2ok at 15:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月27日

クマママのヨーロッパ4

クマママがヨーロッパオバサンツアー旅行から帰ってきました。

お約束の顔はめパネルは、本物の衣装ですが背が届いてません。

写ってた写真は飲んで食って、飲んで食っての繰り返しでした。

ウイーンウイーン5ウイーン4






料理がドンだけ出てるのか、アカネチャンのうれしそうな顔。

ウイーンで醗酵前ワインを飲んでジュースだったと嘆いてました。

アカネウイーン6






愛妻クマママのために、役立つドイツ語を教えておきましたので、
ウイーンなら大丈夫だといってましたが、
指さし外国語の本で注文をしてたようです。

ウイーン料理4ウイーン料理







何処へ行っても心配なのはトイレなので、トイレを探す時は、
「イッヒ、ハイベン、ディッヒ」といえばいいと教えておきました。

うそです。続く。

ウイーン料理3ウイーン料理2

yoo2ok at 10:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月16日

英才教育とは4

ナツキ本ナツキは本が好きなのか、くるくる回してます。

こどもの絵本で、英語やドイツ語が出ていますが、習い事は6歳の6月からというのが江戸の風習だったようです。

英語よし、ナツキの将来の英才教育の為に、自分がまずは中一の英語だ。

3単現、形容詞、副詞、前置詞、なつかしい単語がとてもわかりやすい。

こんな風な勉強が出来てたら、もう少し成績が良かったかもしれないなあ。

キクタン習った先生も今思うとひどかった。

英語の先生が喘息で、教科書を読むと、is,is,ゲホ、ゲホ。

なんだかさっぱり判らなかった。

キクタンドイツ語担任も英語が苦手でガールのスペルを間違うほどだった。

ドイツ語に転向して留学し、かなり贅沢にくらしていたような話しぶりでしたが、

「おれはドイツではベンツに乗ってた。」

ナツキビールといってたけど、それってドイツじゃあ国産車でしょ。

あげくに安いからって日本に車を持ってきたら、税関で新車買うほど税金取られた。

同じ学校の先輩で教師になったのですが、自分が生徒だった頃の先生がまだおられて、頭が上がらない様子でした。

「コノヤロー、お前らー、かかってこーい。」

と生徒と本気でけんかしそうになる先生でした。

若いうちに語学は学ぶべきですね。

yoo2ok at 06:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)
月別