戊辰戦争

2010年04月20日

本が届きました。4

出版親戚の叔父さんから、本が届きました。

二冊目の出版で

「我が故郷(むら)から戊辰戦争を考える」です。

ウィキペディア(Wikipedia)によると、戊辰戦争は、

1.「旧幕府方VS新政府」との鳥羽・伏見の戦いの段階
2.新政府による会津藩・庄内藩の処分問題をきっかけに始まった「新政府VS奥羽越列藩同盟」の東北戦争の段階
3.徳川幕府残党勢力(榎本政権)が朝廷の下で“北海道での徳川家による統治”を認めてくれるよう要求したが却下されたことにより始まった、「新政府VS榎本政権」の箱館戦争の段階
の3段階に区分される。この3段階に区別された戦争のうち“最大規模の戦争”であるのが南北戦争(東北戦争)である。

となっていますが、まさに2,の東北戦争の話。

その影響は新潟の田舎の村にまでおよび、若者たちの恋や命をかけた戦いがかかれていて、壬生義士伝のようで興味深く読みました。

書店には置いていませんので、欲しい方は私にどうぞ。
記事検索
月別