良寛

2011年06月17日

知的余生の方法4

知的生活まだ読んでませんが、渡部昇一さんの「知的余生の方法」「知的生活の方法」音楽編を買いました。

55歳になってこれからの生活を考えるきっかけになるかも。

会社勤めをしていたときの先輩や、学校の恩師も定年になって、どんな生活をしているのか聞いてみたい気もします。

あんず国語の先生は津軽弁、山形弁、新潟弁を駆使するバイリンガルでしたが、

「教養のための勉強は学校でこそ出来る。今のうちに、この100冊を読みなさい。」

と本のリストを作ってくれました。

もうリストを紛失しているので、全て読めているかどうかわかりません。

この先生の授業は1学期が「夏目漱石」の研究、2学期は「良寛」の研究、3学期は越後七不思議、「北越雪譜」で、

一年間一度も国語の教科書を開いた事がありませんでした。

定年後も知的余生をきっと送られている事と思います。

2009年08月05日

奥の細道?真夏の徘徊4

暑い日が続きますが、月曜日は近所の診療所で、メタボ検診を受け、区役所へより、門前仲町まで、用事で出かけ、汗だく。

途中に木場公園のジャブジャブ池で、子供たちが遊んでいるのを見ましたが、

蝉時雨2蝉時雨3






こちらは前の日に「よろず亭」で飲んだので、少しふらつきながら、

暑さか、二日酔いかわからず、モーローとしながらのサイクリングでした。

「静かさや、岩に染み入るせみの声」

とても染み入るような声じゃあない、ミンミンゼミ蝉時雨でした。

ジャブジャブ池ジャブジャブ池2






最近読んだ本、松尾芭蕉、良寛、西行法師の、和歌、俳句にかかわる三人です。

ここらで一句詠まないと俳人じゃあないのでしょうが、暑さで廃人になりそうでした。

奥の細道が面白いほどわかる本―紀行文の史上最高傑作が現代風によみがえった!
奥の細道が面白いほどわかる本―紀行文の史上最高傑作が現代風によみがえった!
クチコミを見る


良寛 上 (講談社学術文庫 210)
良寛 上 (講談社学術文庫 210)
クチコミを見る


西行 (岩波新書)
西行 (岩波新書)
クチコミを見る

記事検索
月別