還暦

2016年09月23日

還暦同級会4

ここは佐渡汽船乗り場の8階スカイレストラン。

天気が良ければ佐渡が見えますが、雨です。

佐渡汽船佐渡汽船2






中学時代の還暦同級会があり、久しぶりの顔が見れました。

クマママに一緒に行く?と聞くと、

「なんで私が顔も知らない、懐かしくもないダンナの同級会に出なくちゃならないのよ。」

佐渡汽船3イタリア軒2






参加してもどうせ、誰も気がつかないとも思うけど、、。

クマママが「へぎぞば」を食べているころ、こちらはステーキです。

へぎそばイタリア軒





60歳はまだまだ元気で、スナックのママをやってるとか、去年店を出したとか、女性はバイタリティーです。

男性は停年になったけど、まだまだ働かないといけないようです。

「持って来られた書類にハンコ押してた立場から、今度はその書類作る新人の立場になって、仕事を覚えなくちゃないのが大変だよ。」

三次会三次会2






60年は長かったか、早かったか、次に会える日まで元気で過ごしましょう。

新潟の夜は更けて、二次会、三次会へと闇に消えて行くのでした。

yoo2ok at 09:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月22日

還暦祝いにナンパしよう。4

還暦ケーキ錦糸町のトムトムでお祝いをしてもらいましたが、急な予約なのにケーキまで書いていただいてありがとうございます。

ハナキンなので店は女性客でいっぱいでしたが、早く着いたクマママは「中に把瑠都がいる。」と喜んでいました。

クマママ還暦ケーキバルトがナンパかな?

「二階の鮨屋には朝潮がいる。」とメールしてきましたが、これは他人でただのデブだったそうです。

これがツイッターだったら盛り上がっただろうなあ。

もうすぐ6歳になるナツキの幼稚園に転入生が来たらしく、どんな子と聞くと「かわいいよ。」

ナツキ「じゃあ、ジイジに若い子紹介してくれる。」

「ダイジョウブ。」

年が10倍ちがいますね。

次回、年の差合コンが楽しみです。

トムトムにて還暦ケーキ3

yoo2ok at 11:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月20日

還暦の新しい朝が来た。4

還暦ドラヤキついに60歳になりました。

年寄りネタを集めておこうと諸先輩に感想を聞くと、

ダイレクトメールはカツラと墓石。

さる自分がコマーシャルの入れ歯のポリデントを買うようになるとは思わなかったね。

若いころはダイヤの原石っていわれたけど、ただの岩石だったね。

そのうち紙おむつのジジイ用ババア用で、色が変わる奴とかも買うようになるんだろうなあ。

高齢者業界は大繁盛ですね。 つづく。

yoo2ok at 10:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月19日

還暦ドラヤキ頂きました。4

どら焼きキタダさんから、お祝いのどら焼きを頂きました。

ありがとうございます。

明日が誕生日ですが法律的には誕生日の一日前に60歳になるようです。

2月29日生の方のためでしょうね。

これで敬老の日のお祝いももらえるようになります。

yoo2ok at 13:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月23日

そろそろ定年の世代4

還暦日本は大定年時代を迎えているといわれますが、私の周りでもそろそろ定年を迎える方が出てきました。

海洋研究の鯛多肉さんからは還暦記念ライブのご招待が着ました。

若い頃からベンチャーズのエレキギターを弾いて、メタルバンドなどをやっていたのですが、ついに還暦ですか。

前に遊びに行った時には、マンボーを食べさせてくれました。

初めて食べましたが、踊りだしたりはしませんでした。

ウーーッマンボ!って判るかなあ?

ちなみに当日ゲストの「ちっち」はエレキの天才少女です。

こんな孫がいたら楽しいですね。

台湾定年退職したMさんからは台湾へ転居したはがきが来ました。

ジャンボジェットの機長というのはすごいですね。

決まり文句で、「お近くへお出での際は、、、云々。」とありますが、無理でしょう。

この住所で手紙を出したら、日本から本当に付くのでしょうか。

台湾の漢字は日本でもう使われていない古い字で、変換しても出てきません。

定年を迎えて団塊の世代のこれからは注目ですね。



yoo2ok at 09:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月22日

ご長寿ネットワーク4

コスモス最近立て続けに、昭和3年、4年、5年という方が来院されています。

なにか年寄りネットワークのようなものがあるのでしょうか。

人生の中で体が変わる時期というのが何度か有り、還暦の60歳前後は体調を崩しやすいときです。

ヒメリンゴ昔は定年で会社を辞めると、数年で亡くなる方も多かったので、まさに終身雇用だったわけです。

60歳の次に体が変わるのは80歳で、その前後には体調を崩しやすいです。

でもそれを過ぎるとまた絶好調になります。

修理しながら使えば体は一生使えます。

レトリバー「治療で調子が良いから、爺さんが死んだらもう一度どこかへ嫁に行く支度でもしようかしらねえ。」

などという80代の方がおられました。
がんばって下さい。

yoo2ok at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
月別